「ハリーポッター」を見た感想

ハリーポッターの感想

 

私のハリーポッターデビューは、映画化されるずっと前に偶然本屋さんで見つけた事からです。
簡単なあらすじを読んで、ハードカバーは高価でしたが即購入して夢中で読みました。

 

頭の中で描いた景色や建物…

 

あっと言う間にハリーポッターの虜になりました。

 

まるで本そのものが映画のように感じました。何年か後続編を手にしながら映画化される事を知りました。

 

最初の感想は、

 

頭の中のハリーポッターの世界が映像化されたものとかなりギャップがあると嫌だな…

 

と、それが1番不安でした。

 

今まで本から映画化されたものでがっかりした事がわりとあったように思います。
ハリーポッターの世界は鮮明に私の頭の中に描かれていたのでがっかりするのが怖かったのです。
しかし良い裏切りで映画は素晴らしいものでした。キャストも本から抜け出して来たようなイメージそのままで、景色や建物でさえ驚くほど私の頭の中のものと変わりなかったのです。

 

いや、映画はより一層原作を引き立て、ハリーポッターの世界を忠実に作り上げていました。
キャストの個性もそれぞれ光っていました。次々と続編が映画化され、もちろん全て手に入れました。しかも何度見ても飽きないのです。

 

原作と、映像がこんなに矛盾なく重なり合った作品は初めての出会いだと思えるほとんど感動してやみません。

 

 
 

 

dTVでは31日間の無料キャンペーンがあり、
このキャンペーンを利用すると無料で見ることも可能です。

 

 

⇒dTVの登録方法などはコチラ

 

 

 

page top