dTVで「インサイド・ヘッド」を見た感想

インサイド・ヘッドの感想

 

インサイドヘッドは、11歳の主人公ライリーの頭の中にある「ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ」の5人のキャラクターが迷いながらも彼女を幸せにするために日々奮闘していく物語です。

 

父親の仕事の関係でミネソタからサンフランシスコに引っ越すことになったライリーですが、頭のキャラクターがちょっとしたきっかけで噛み合わなくなっていきます。
それと同時にライリーの態度にも反映されてしまいます。もとの元気で素直なライリーを取り戻そうとヨロコビを筆頭に頑張るのですがどんどん最悪の展開になってしまいます。

 

ムカムカとイカリの暴走で家出の計画まですることになり、もう大変!本当にハラハラドキドキです。
ディズニーと言うことで子供向けと思われがちですが、お父さんお母さんにも是非観て欲しい映画です。
結婚し子供ができて、毎日バタバタ忙しく余裕がなくなっている方は特にこの映画を観ることで色々思い出す事があるはずです。
必ずお子さんを抱きしめたくなります。

 

家族とは友達とは何か?一番の幸せとは何かを考えさせられました。
また、ディズニー特有の夢とファンタジーが盛りだくさんで、お子さんも楽しめる映画ということは言うまでもありません。是非ティッシュを用意してご覧下さい。

 

 

page top