dTVで「マイ・インターン」を見た感想

マイ・インターンの感想

 

自分は一生懸命やっているのに、何だか仕事もプライベートも空回り。そんな時にちょっぴり気持ちをあげてくれる作品が『マイ・インターン』です。
舞台はニューヨーク。ファッション業界で急成長を遂げた代表を務めるジュールス。彼女を支えて自ら家庭に入り子供の面倒も見てくれる旦那さまを持ち、順風に見える。
彼女の会社に社会福祉事業として、シニア・インターンで雇われたベンがやってくる。
最初は彼の存在を疎ましく思っていたジュールスだが、彼の暖かできめ細やかな仕事ぶりに段々と周囲も彼女も変わっていく。
ジュールスの会社や家庭がちょっとずつ彼女と歩調が合わなくなっていく時、ベンが彼女を支え、導いていく。

 

ベン役のロバート・デ・ニーロがとてもいい味を出していて、『タクシードライバー』の若き日の彼を思い出すと時の流れを感じた。
これは長年、俳優をやってきた彼だからこその厚みのある演技ともいえるかもしれない。

 

ベンの周囲の会社の若い社員たちもいい味を出している。
ジュールスが間違えて母親に出してしまったメールを消そうとするくだりは、声を出して笑ってしまう。

 

仕事が大変でも、ちょっと見方ややり方を変えれば、こんな風に流れがやってくるのかもしれないと思ったりする。
そして、ベンのような相談役が傍にいたらなぁとこれを見た人はきっと思うに違いない。

 
 

 

dTVでは31日間の無料キャンペーンがあり、
このキャンペーンを利用すると無料で見ることも可能です。

 

 

⇒dTVの登録方法などはコチラ

 

 

 

page top