映画 感想


スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をとって完成した映画映画です。監督はDJ・カルソーです。ジェリー役にシャイア・ラブーフ、レイチェル役にミッシェル・モナハンが主演で出ています。ジェリーとレイチェルの子供が誘拐的にピンチであることを犯人からの連絡で分かっり、脅されるジェリーが必死に「見えない誘拐犯」に監視されながらも救出に向かうストーリーです。日常の生活のなか、何故か忽然と姿を消す我が子を探す前に、監視カメラのようなもので一部始終監視され、犯人からまるでジェリーの行動が見れれているかのように毛手々ましくなる公衆電話。そこから聞こえる犯人からの幾度もの要求にジェリーの前に障壁が待ち構えているのです。一つ一つクリアしていくも、クリアしていった一寸後に身代わりとして歩行者や、犯人からの依頼主などが被害にあっていくのですが、ジェリーも自分の行動が見られていることに関して、次に来る災難は何が来るのか中らないままに犯人からの要求を待って従うしかないのです。身代わりで代理人が電線感電の被害にあったりと、それはもう息をのむシーンがおおいです。セスナ機がつっこんできて間一髪で逃れたりするシーンは、ハラハラドキドキする興奮間にさいなまれます。しかし勇敢で子供思いのジェリーは一刻も休むことなく我が子救出に走りつ続けるのです。いったいどこまで行くと愛する我が子に会えるのか。犯人の顔が見えないまま要求に従うことしかない必死にジェリー。そして、我が子に恐怖が押し寄せているのをまだ知らない状態か否かの妻レイチェル。只々、犯人のしかける無茶な要求通り、我が子の危険を回避しようとしていくジェリーの新教を見ながら考えると、ひしひしと親の気持ちが伝わってくるようでした。そのうちFBIにも途中から狙われる運命に発展しかねないジェリー。まだ何がどうしてなのか全く、年でこんな目にとの心境もこの映画の休むことのないスピーディーさだと思いました。そして、誘拐同然の危険な体制にある我が息子と、まだ何が何だかあまりわからないその妻レイチェル、刻々と迫る、我が子の危機の運命のその日、想像を絶するクライマックスが待ち構えているとは。アメリカの大統領が登場する場面もあり、演奏会の場面に我が子の登場にとおまきながらに同上絶句するジェリー。まだ妻は危機を知らないようだが、周囲の異変に何か違和感を感じ始める。その中、ジェリーはここぞとばかり行動に移すのですがはたして運命の結末はいかに。

page top