dTVでパンズ・ラビリンスを見た感想はコチラ

dTVでパンズ・ラビリンスを見た感想


dTVで「パンズ・ラビリンス」を見ました。
「パンズ・ラビリンス」は1944年にギレルモ・デル・トロが監督・脚本を手がけたダークファンタジーで、

フランコ独裁政権の恐怖政治がスペインを覆いつくしていた暗黒時代。

少女オフェリアは優しかった仕立て屋の父親を亡くし、母が再婚したヒダル大尉のもとへ赴く。
臨月の妻を無理に任地に呼び寄せる大尉は、まさに独裁のシンボルのような恐ろしい男。直面する現実は残酷なことばかりだった。
そんなとき彼女が見つけたのは薄暗い森の中の秘密の入り口。
妖精の化身である虫たちに導かれ、そこで出会った(パン)牧神に告げられたのは、オフェリアこそ地下の王国の王女であるということ。
オフェリアは王女として戻るための3つの試練を与えられ“パンズ・ラビリンス(牧神の迷宮)“での冒険が始まる・・・。

映画感想「パンズ・ラビリンス」

 

読書好きで、夢見がちな少女のオフェリア。
あるとき森の中で出会ったパンと名乗る異形の者に「あなたを地底の王国の姫君か確かめるために試練を与える」と告げられる。パンの話す魔法の王国に行けばつらい現実から逃れられると信じ、孤独で危険な試練に挑む。

 

 

身重で歩くのもやっとの母親、その母親の再婚相手が軍の大尉で暴力的。家の敷地内で拷問が行われ、同年代の友達もおらず、戦時下の閉鎖的な人間関係。オフェリアを取り巻く環境がとにかく暗い。
パンの与えてくれた魔法の本や案内役の妖精が、オフェリアを過酷な現実世界から引き離していく。
さらに、弟の誕生とレジスタンスの抗争も重なり、オフェリアの精神を蝕み、ますます「お姫様」への渇望を強めていく。

 

パッケージには可愛らしい女の子に、妖精。明るいファンタジーを期待して観た人も中にはいるだろう。
実際は、戦時下のゲリラ活動や母の妊娠・出産など、生々しい現実描写の方が大半を占めている。

 

邪悪に見えるパンと、精神が歪んだ義父に、見る側は終始不快な気分を味わうことが出来るだろう。

 

バッドエンドなのにハッピーエンド。そんな矛盾した言葉が非常に似合う、少女の不幸な日常と、非現実的な魔法の世界の物語である。

 

 

 

page top