映画 感想

みんなの映画感想まとめ※ネタバレあり記事一覧

膨大な数のコンテンツ量を誇るdTV。映画や海外ドラマが好きな私が見た動画の感想をまとめてみました。作品選びに悩んだら参考にしてみてください。ただ、注意して欲しいのは各動画には配信期間が決まっているのでなくなっている事もあるので早めに見てください。

ハワイの早朝の海辺を走るアン・マリー。電話で波情報をチェックして仲間たちとサーフボードを持って海に繰り出します。アン・マリーの家族は友人のイーデンとリーナ、そして妹のペニー。父親を亡くし、母親は恋人とラスベガスに住んでいます。母親の恋人が子供嫌いなので、中学生の妹の面倒を見るのはアン・マリーの役目。母親のことは悩みの種でした。ペニーを学校に送り届けてからアン・マリーたちが向かうのは地元の大きなホテ...

1994年に公開されて爆発的ヒットとなった映画『スピード』。息をつかせぬノンストップアクションと、キアヌ・リーブスの精悍な警察官姿に世界中が熱狂しました。キアヌ・リーブス演じる主人公ジャックが腕につけていたG- SHOCKの時計が人気となり、スピードモデルとして流行。この画面に大写しになった時計はキアヌ・リーブス本人のアイデアによって撮影に使われています。当初はこの映画の出演に乗り気ではなかったも...

この映画はコメディーのような面白い作品ではありますが、最終的には感動させられる内容でありました。また主演の俳優はトム・ハンクスで、彼主演の有名な映画『フォレストガンプ』と少し似たような部分もあります。トム・ハンクスらしい映画になっていると思います。グラコージアという国からニューヨークに渡る飛行機で空の旅の途中、自分の国でクーデターがおき、国が無くなりニューヨークの空港に着いてもパスポートが無効にな...

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー作品賞と監督賞に輝いた俳優ケビン・コスナーが歌謡界のスーパースターであるホイットニー・ヒューストンと共演したラブサスペンスだ。ホイットニー・ヒューストンはこの映画で女優デビューを飾った。かつてカーター大統領やレーガン大統領の警護を務めた経歴を持つ元シークレット・サービスのフランク・ファーマー。しかし非番だったとはいえ、レーガン大統領が狙撃された時にその場に居...

イギリス国王ジョージ6世は国王になどなりたくはなかった。しかし、彼の意思とは反対に兄エドワード8世が当時、王室が禁じていた一般人女性、しかも離婚歴があるアメリカ人女性との結婚を決めたことでジョージ6世は望まない国王の座に就くこととなったのだ。しかもジョージ6世は幼い頃から吃音という悩みを抱えていたからだ。だが、スピーチで始まりスピーチで終わる公務の数々。そこで彼は言語療法士であるライオネルと共に吃...

1992年の映画『リバー・ランズ・スルー・イット』ではロバート・レッドフォードが監督、ブラッド・ピットが俳優という立場であったが、2001年の映画『スパイ・ゲーム』では俳優同士での顔合わせがついに実現した。メガホンを握ったのは『トップガン』のヒットで知られるトニー・スコットだ。1991年。ベルリンの壁崩壊から2年が経ち、そして湾岸戦争が勃発したこの年、1人の男が引退の時を迎えようとしていた。彼の名...

ユダヤ人コミュニティよ呼ばれるアメリカのハリウッドが初めてユダヤ人問題にメスを入れた衝撃作だ。主演は『アラバマ物語』でアカデミー主演男優賞を受賞したグレゴリー・ペックだ。監督は『エデンの東』や『波止場』を手掛けたエリア・カザンだ。第20回アカデミー賞では作品賞を受賞し、エリア・カザンは監督賞を受賞している。他にセレステ・ホルムが助演女優賞を受賞している。ルポライターを演じたグレゴリー・ペックはアカ...

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を受賞したロビン・ウィリアムズと『ノーマ・レイ』と『プレイス・イン・ザ・ハート』でアカデミー主演女優賞を受賞したサリー・フィールドが共演した笑えて、泣けるコメディー映画が『ミセス・ダウト』だ。監督は『ホーム・アローン』、『ホーム・アローン2』で知られるクリス・コロンバスだ。声優のダニエルは数多くの声を自由自在に操ることができるが、頑固で...

今回は映画「ハロウィン」を紹介します。今作は殺人鬼のブギーマンことマイケル・マイヤーズが殺人を繰り返すアメリカのスプラッターホラー映画です。1978年に映画監督のジョン・カーペンターさんが監督と脚本を行った作品です。この映画は低予算ながらシンプルで分かりやすい設定と物語と構成でスタイリッシュな演出で当時80年代に流行したスプラッターホラー映画の大ヒットの先駆けになった作品です。あの有名なホラー映画...

妻殺害の罪を着せられ、死刑判決を受けた外科医が決死の逃亡を続けながら、真犯人を見つけ出すサスペンス映画だ。主演は『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『推定無罪』、『スター・ウォーズ』シリーズのハリソン・フォード、『沈黙の戦艦』、『JFK』、『メン・イン・ブラック』シリーズで強烈な個性を持つ役を演じたトミー・リー・ジョーンズだ。また『アリスのままで』でアカデミー主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーアが...

2017年に公開されたアメコミ原作のスーパーヒーロー映画で、スーパーマンやバットマンを始めとした「DCコミックス」のキャラクターが作品の垣根を越えてクロスオーバーするアメコミ「ジャスティス・リーグ」を原作としています。あらすじは映画「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」の戦いでスーパーマンが命を落とし、その姿を観たバットマン・ブルース=ウェインは地球を守る決意を新たにしますが、地球にあ...

私が紹介させていただく映画は、2007年に公開された本格的時代劇アクションアニメ映画「ストレンヂア 無皇刃譚」です。ストーリーは「名無し」と名乗る刀を封じた男と不死の妙薬を作るために贄として選ばれた少年仔太郎、そして明から来た異人の男羅狼を中心に展開します。12年前の作品である上にアニメ作品なんて、敬遠されるかもしれませんが、この作品には今、多くの人気作品で圧倒的な映像美を魅せている優秀なアニメー...

2017年に公開されたレジェンダリーピクチャーズ制作のモンスターパニック洋画で、怪獣映画の元祖と呼ばれる名作「キングコング」を新たな世界観と設定でリブートさせたものです。あらすじは、舞台は1973年特殊研究機関モナークのランダは組織の存続の為にも未知の島・髑髏島への地質調査を切望し、軍隊の警護を受けつつ島に上陸しますが、その前に現れたのは島に無法で侵入したことに怒る巨大生物にして島の守り神「コング...

言わずと知れたミステリー作家、アーサー・コナン・ドイルの作品を映画化したものです。本作品はシリーズの第一弾でホームズと助手のワトソン、かつての敵であるアイリーン・アドラーがオカルト的な儀式と共に行われる連続殺人事件を調査する話となっています。配役はシャーロック・ホームズをロバート・ダウニー・Jr、ジョン・ワトソンをジュード・ロウ、アイリーン・アドラーをレイチェル・マクアダムスが演じています。この映...

私が皆さんにオススメしたい映画は「金メダル男」です。こちらの映画は友人が面白いと言ってたので観ることになりました。私が特に面白いと感じたところは、知念くんと土屋さんの鳥の舞のシーンです。とてもシュールだったので、爆笑してしまいました。土屋さんが知念くんを振るシーンからは、土屋さんはかなり我慢して鳥の舞を踊っていたのかなぁと思いました。とても面白かったです。私は、こちらの映画から笑いだけではなく、強...

私はボヘミアン・ラプソディをおすすめします。この映画は既に多くの人に親しまれ、素晴らしい映画であることは皆さん周知のことと思います。クイーンのボーカルの半生を描いた映画ですが、何故今映画化されたか?そこに注目しつつ思ったことを書いていきます。ずばりこの映画は音楽と歌い手の魂と魂のぶつかり合いでした。音楽をハートで感じて歌う彼の声と歌に込めた想い、そして歌の意味を理解すると余計に愛着がわくとおもいま...

「タイピスト!」という映画を紹介します。この映画は、1950年代後半のフランスが舞台のフランス映画です。フランス映画といえばクリームブリュレのシーンが有名な「アメリ」が有名ですが、「アメリ」主人公役のオドレイ・トトゥと「スパニッシュアパートメント」という映画で共演しているロマン・デュリスが主人公のルイを演じています。物語は、ローズという田舎育ちの女の子が、親の決めた結婚の直前に都会へ働こうと家を出...

最近、「メガシャークVSクロコダイル」の映画を鑑賞いたしました。とても、迫力があり、大画面で見るとリアル・迫力感が迫ってきました。  映画の説明をしますと、アフリカ大陸のある国「コンゴ民主共和国」で、炭鉱作業員が惨殺される事件が多発していました。全編である「メガシャークVSジャイアントオクトパス」で活躍した登場人物の片割れである調査学者が、巨大雌のクロコダイルに遭遇し、途中で一緒になった女性が飲み...

壮絶な生き詰まるスリリングな展開と、壮絶な打ち合いがあるアクション映画です。アメリカ合衆国の頂点に立つ偉大なる大統領とホワイトハウスを他国から侵略してきた傭兵から体を張ってSP達が死守するのですが、敵軍の計画的調略と電撃作戦により僅か十数分で占領されてしまうのです。世界中の誰が世界で最も巨大で偉大な国として君臨するホワイトハウスが僅か十数分で陥落すると思っていたでしょうか。ホワイトハウスのSP、大...

ジェラルバトラー主演の「エンドオブキングダム」。「エンドオブ・ホワイトハウス」の続編です。 今回の舞台は、ヨーロッパの島国、かつては世界最強の帝国と唄われたイギリスです。現在の世界中心的大国はアメリカ合衆国に奪われたもののその実力とヨーロッパ屈指の地位は名実ともに健在です。イギリスの首相の葬儀で各国から要人が参列者がする日、アメリカ合衆国合衆国アッシャー大統領も参列の為、イギリスに大統領専用機エア...

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をとって完成した映画映画です。監督はDJ・カルソーです。ジェリー役にシャイア・ラブーフ、レイチェル役にミッシェル・モナハンが主演で出ています。ジェリーとレイチェルの子供が誘拐的にピンチであることを犯人からの連絡で分かっり、脅されるジェリーが必死に「見えない誘拐犯」に監視されながらも救出に向かうストーリーです。日常の生活のなか、何故か忽然と姿を消す我が子を探す前...

ローランド・エメリッヒ監督が指揮を振るう、一大パニックアクションです。ジャクソンカーティス(ジョン・キューザック)とエイドリアン・ヘルムズリー(キュェテル・イジフォー)が主演を務めます。2009年世界がが滅亡する日までにどれだけ多くの人類を救出できるかというう映画です。そして人類はその後、どうなるのか。アメリカのイエローストーン旅行中のカーティスとヘルムズリーはそこで地球が滅亡するのではとの見解を...

ブルースウィルス主演映画「ダイ・ハード・ラスト・デイ」。「ダイ・ハードシリーズ」の総決算シリーズとも言ううべき本作品は前作の「ダイ・ハード4」と同じくハードでダイナミックな作品でした。主演はもちろん、ブルース・ウィルスが演じるアメリカ東海岸の世界一をと言ってもよい巨大都市・ニューヨークの市警・ジョン・マクレーン刑事。彼の敏腕さとタフで卓越した思考能力は本シリーズを見るものに勇気と感動を与えてきてま...

冷戦時代に米ソ情報合戦中に太平洋ハワイ沖で消息を絶った、ソ連の原子力潜水艦とアメリカとの攻防・駆け引きを描いた2012年のアメリカ映画です。監督は、トッド・ロビンソン。エド・ハリス主演の映画です。冷戦時代、ソビエト社会主義共和国連邦の一隻の核ミサイル搭載潜水艦B-67が極秘で謎の試験的な装置「ファントム」を運んで一つの国家プロジェクトとしてソ連の港を出港しました。艦長に選ばれたのはエド・ハリスが演...

2005年のアメリカ映画ですジャンルはSFです。監督はスティーブン・スピルバーグ、主演はトム・クルーズです。宇宙からの侵略者の宇宙人がトライポットと言う三脚の巨大ロボットを操作して、地球侵略を試みる映画です。トム・クルーズが演じるレイは離婚していた妻とその一家と、良好な関係を築いていましたが、時折、奇妙な稲妻に異変を感じていました。ある日、街中電気が消えていき、そこに宇宙人が操作するトライポットが...

「ハムナプトラシリーズ」の第2弾です。監督はスティーブン・ソマ―ズ、主演はブレンダン・フレイダーでリック役です。レイチェル・ワンズがエズェリンで妻役です。  金色の不思議なブレスレットを見つけたリック達は、そのブレスレットをリックとエズェリンの息子アレックスがはめてしまいます。次の瞬間、何者かの軍団に誘拐されてしまうのです。その後、息子を奪還しようとリック達が追いかけて先にはエジプトの砂漠が広まっ...

数あるアクション映画の中でも、真っ先に出でてくる作品の一つがのが「ターミネーター」シリーズでしょう。見ていない人はおそらく少ないのではと思います。主役として(主に1,2)i日本でも人気の高いアーノルド・シュワルヅェネッカーが主演しています。無印(1)、2、3、4、ジュニシスとテレビシリーズがあります。制作念は1984〜2015と30年以上にも及びます。最新作である「6」は制作されているようでシリー...

映画界の巨匠・ジェームズ・キャメロン監督が送るSF映画です。監督自体が過去に原作として書いたものを映画化した作品です。海底油田基地の近海で原子力潜水艦が消息を絶つのですが、 70その捜索調査へ深海艇は深海を向かっていきます。その海溝とは「アビス」と呼ばれている暗黒の深海です。バット役はエド・ハリが演じています。数人の乗組調査隊員と深海に向け、沈ん  70でいき海中での捜査活動をしていきます。船内で...

未来では、機械(スカイネット)が自我を持ち人間を抹殺しようとし、それに人間が対抗する戦争が起きていた。そして、その戦争を勝利に導く人間(ジョン)が現れる。その人間を抹殺するため機械は、過去に新型のターミネーター(液体金属の性質を持つ殺戮マシーン)を送り込む。それを予期していた人間側も、ジョンを守るために旧型ターミネーター(固体金属の性質を持つマシーン)を過去に送る。ジョンの父親(未来から来た)から...

映画は週に5本ほど拝見させていただいておりますが、98%は洋画を見ている私が久しぶりに邦画に気になる作品を発見!そして借りました。本作は、柚月裕子の原作小説「孤狼の血」をベースに実写映画化されました。そして『凶悪』などの白石和彌監督がメガホンを取り、暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、おそろおそろしい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちのバトルを活写する。役所広司が主演、松坂桃李、真木よ...

カフェに並んだケーキ。アップルパイやチーズケーキは完売するのに、ブルーベリーパイは残ってしまう。ブルーベリーパイが美味しくないわけではなく、ただ選ばれなかっただけなのだ。主人公エリザベスは恋人の心変わりで振られてしまうが、カフェのオーナージェレミーと話すことで癒されていく。毎晩売れ残ったブルーベリーパイを食べながらエリザベスは「まるで自分のようだ」と感じる。ジェレミーは「ただ選ばれなかっただけだ」...

2018年の大ヒット作でもある映画「ヴェノム」。CMや予告トレーラーが怖めだったからと回避した方もいるかもしれませんが、蓋を開ければ宇宙からの未知の生命体であるシンビオートと主人公のエディが一心同体で活動する「ヴェノム」となった後の展開は、アクションも爽快かつやりとりもどことなくコミカルで「彼らの今後の日常の活躍が観たい!」と夢中になること間違いなし。制作中から3部作である事を公開し、堂々と続編を...

2018年の6月に公開された映画です。TOKIOの長瀬智也さんがトラック運送工場の社長である赤松を演じ、話題を呼びました。原作は、吉川英治文学新人賞を受賞した池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」です。池井戸潤さんは、「下町ロケット」の作者でもあります。下町の中小企業がポリシーをもって大企業に挑む構図や世界観は、この映画の根底に流れています。映画の冒頭は、何気ないキャッチボールのほのぼのとした場面に、リストラ...

アガサ・クリスティの名作である、「Murder on the Orient Express(邦題:オリエント急行の殺人、またはオリエント急行殺人事件)」は1974年、2017年の2回映画化されています。2017年のバージョンは話題になったのでジョニー・デップが出演していたことで、御存じの方もいらっしゃるかもしれません。この映画の特筆すべきは、幾重にも張り巡らされた人間関係と、1人1人の過去。201...

大ヒット映画「ボヘミアンラプソディ」を観て来ました。私はqueen世代ではないのですが、同タイトル曲がすごく好きだったのと、queenの生い立ちなどを全く知らなかった為、興味があり是非観たいと思いました。やはり観に行ったのは大正解でした!映画では彼らのバンド結成からサクセスストーリーに至るまでと、フレディ・マーキュリーの恋人や仲間との別離、それによる孤独から和解迄の心理描写がよく描かれており、qu...

「チョコレート ドーナツ」は、全米映画祭で数々の賞を受賞した感動作として評判の良い映画です。1970年代のニューヨーク ブルックリンデ、ゲイの男性が育児放棄された障害児を育てたという実話に着想を得て製作され、舞台をカリフォルニアに置き換え、主人公をシンガーを夢見るゲイのシューダンサー、ゲイであることを隠している検察官、薬物に手を染めた母親から半ば育児放棄されているダウン症の少年で物語は進行していき...

今回ご紹介させていただくのは映画「ファミリーシークレット」です。タイトルからしてミステリーですね。ドキドキハラハラの気分を味わいたい時にはおススメの映画です。あらすじは、中年夫婦が主役でおっとりしたタイプの周りから奥さん綺麗だねと羨まれる妻と、会計士として抜群の信頼を持っている夫。世間一般で羨ましがられる普通よりリッチな家族です。子供達も独立し、それなりにリッチな生活をおくり申し分なく暮らしている...

2018年ー2019年のフィギュアスケートシーズン、坂本花織選手のフリープログラムに使われている曲が「ピアノ・レッスン」。2018年の全日本選手権を制したことを覚えている方も多いでしょう。この曲が使われている映画が「ピアノ・レッスン」。90年代に、フランス、ニュージーランド、オーストラリアによる合作映画です。言葉を発することができない主人公エイダ。スコットランドから結婚のためにニュージーランドに娘...

紹介したい映画は「ブライズメイズ」です。ラブコメディになります。何をやっても上手くいかない主人公(アニー)が親友(リリアン)の結婚をきっかけに失敗しまくって奮闘するストーリーです。主人公は独身の女性で仕事も恋もイマイチ。そんな主人公の心の拠り所はなんでも相談に乗ってくれる親友でした。そのリリアンがプロポーズされて結婚することになります。リリアンはアニーにブライドメイドを頼むんですが、アニーは親友の...

映画「ひまわり」を紹介します。簡単なあらすじは、輝明は小学校時代の同級生・朋美が海難事故で亡くなったと知り、ほかの同級生らとともに葬儀に出席する。そこで、朋美と関わりのあった男たちと出会い、彼らと朋美との思い出話を聞く。そして輝明自身も、朋美との間にあった遠い記憶を思い出すのだった。というものです。輝明は朋美に小学校時代、ほのかな恋心を抱いていたようです。でも、それを素直に言えるような年頃でもなく...

西澤尚志と中原麻衣の出会いは合コンで、つまらなさそうに過ごしている尚志のことが気に入らなかった麻衣は尚志を追いかけて説教することになるのがとてもおもしろいです。しかし、尚志はつまらなかったわけではなく、お腹の調子が悪くて早く帰りたかっただけだったと知った麻衣は我に返って謝ることになります。悪いことを言ってしまったと思った麻衣は尚志に気を使っている姿がとても可愛かったです。二人の交際がスタートして結...

日本ではあまり知られていない、Netflixで公開されている、カナダの映画「Almost Adult」を紹介します。この映画の意味は、「もう少しで大人」と言う、大学生の女の子2人を舞台にした映画です。2人はそれぞれ将来についてなど、個々の生活で向かっていかなければならない問題を抱えています。ケンジーとキャッシーは、大親友で、2人で一緒に住んでいますが、キャッシーはプロポーズを断り彼氏と別れ、中々彼...

映画「ラプラスの魔女」は、2018年5月4日に劇場公開された三池崇史監督によるミステリードラマです。元になっているのは東野圭吾による同名小説になり、豪華なラインナップによって映像化されています。赤倉温泉村という観光地で、硫化水素によって映画プロデューサーが死亡事故する事故が発生しました。現場の不自然な状況について疑惑を抱いた麻布北署に所属する刑事・中岡は、地球科学研究者として名高い大学教授の青江に...

なぜアカデミー賞を総なめしなかったのかが理解できなかった程、素晴らしいミュージカル映画作品でした。ストーリーは単純明快でしたが、なんといっても映像の色使い、そして楽曲のすべてが美しいの一言で見事です!!!映像は基本的にダークブルーで差し色の金や銀色が映えていました。豪華で荘厳な感じがしました。音楽は特に、Never Enough, Rewrite Star, A million dreams のバ...

オススメ映画:La La Landこれまでに映画館と自宅で2回見ました。元々ミュージカル映画やロマンスの映画が好きで、CMの宣伝を見た時に絶対面白い映画だ!と思い、映画館へ足を運びました。映画の冒頭シーンは、ロサンゼルスの高速道路の渋滞から始まります。快晴の中、車でラジオを聞き、進まない車をじっと見つめてから、キャストが歌い出します。出だしからミュージカルシーンが繰り出され、色鮮やかな服を身にまと...

ブレードランナーと言えば言わずとしれたサイバーパンクSFの巨塔である。1982年公開で、主演はインディー・ジョーンズシリーズの主役「ヘンリー・ジョーンズ・ジュニア(インディアナ・ジョーンズ)」やスターウォーズシリーズの「ハン・ソロ」を務めるハリソン・フォードであり、原作はかの有名なフィリップ・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」である。2017年には続編「ブレードランナー2049」も公開...

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズは誰もが知るSF作品の巨塔で、映画にはあまり興味がないと言う人でも一度は聞いたことがあるのではないだろうか。本シリーズは3部作となっており、いずれもマイケル・J・フォックス演じるマーティ・マクフライが主人公。友人のエメット・ブラウン博士が発明したタイムマシンに乗り、1985年・2015年・1955年・1885年の4時代を冒険する。第一作目の公開は1985年であ...

今回私がオススメさせていただく映画の名は、、、、、「リミット」原題は「Buried」です。埋められたって、、、、怖すぎ!!この映画なんと最初から最後まで出演者一人。ライアン・レイノルズたった一人です。デッドプールで人気のあの方です。THE・イケメン。そして、もう一つ驚きなのが、最初から最後までずーーーーーーーーっと棺の中。それ以外景色はございません。ライアン・レイノルズがずーーーーーーーーっと棺の...

私が今回オススメしたい映画は、タイトルにもある通り「ネバーエンディングストーリー」です。中でも、1が一番好きなので1について語っていきたいと思います。ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」を映画化した「ネバーエンディングストーリー」は1985年に公開されて、今でも名作として多くの人々に広く知られています。私も初めてこの映画を観たのはまだ5歳やそこらでしたかが、アトレーユ役のノア・ハザウェイに一目惚...

2016年本屋大賞第2位、単行本・文庫累計売上200万部の大ヒットとなった通称「キミスイ」。最初はタイトルが気味悪いなぁという印象しかなく興味も全くありませんでした。ですが、テレビで本屋大賞のニュースをやっている時に店員さんがこの本をものすごく推していたので、本屋さんがこんなにお薦めする本って、どんな内容なんだろう?と俄然興味が湧き、まずは本を購入。続いて映画も…。あらすじは原作に少しつけ足しされ...

page top